継続

javaのプログラム勉強で得られる結果

木曜日, 1月 28th, 2016

ソフトウェア開発に関わるプログラマーにとって、勉強とは常に取り組むべき関係にあります。
新しいプログラミングの技術を身につけることで、プログラマーとしての能力を高める事ができます。このような点から、プログラマーの仕事を避けるような考え方もあります。
javaプログラマーであれば、このプログラム言語やアルゴリズムなどについて、新しいノウハウを吸収し続ける必要があります。

しかしその一方で、プログラマーがjavaなどのプログラム言語を勉強するメリットも大きいです。学習しノウハウを身につけることで、仕事の成果に着実につながるという点は魅力が大きいです。仕事の中には、たとえ努力しても報われないといったことも多々あります。
しかし、プログラミングの仕事では、勉強が仕事の結果へと直接効果を及ぼす傾向が強いです。そのため、学習して知識を身につけた分だけ、以前よりも有利に仕事ができます。
物事を学ぶことを苦に感じず、継続して学習できるという人物にとっては、プログラマーの仕事が向いています。

一方で、学習の習慣を身につけていないプログラマーは、技術者としての成長に限界がある。新しい物事を学ぶことの重要性について再認識し、学習する習慣を身につける事が望ましいです。習慣は、面倒なことでも続ける事ができるようにする上手なテクニックです。
新しい技術について調べて、それを独学で修得する習慣が身につけば、これまでの仕事で感じていた能力の限界をも超える事ができるでしょう。